Loading...

安全第一

 

HSES / 健康・安全・環境・セキュリティ

安全はクレイトンにおいて最も重要な基本的価値観です。安全は当社の企業文化にとって不可欠であり、事業のあらゆる側面に安全性を浸透させることによってケガや事故のない職場を実現するべく努めています。従業員には、現場レベルおよびグローバルレベルにおいて安全性を管理する権限を与えています。当社のグローバルな健康・安全・環境・セキュリティ(HSES)ネットワークは、従業員があらゆる現場において安全な労働環境を維持するためのガイドラインを作成し、当社は、そのベストプラクティスを継続的に改善しています。

HSE&Sポリシー

クレイトンコーポレーション、スペシャリティケミカル会社、およびその子会社(クレイトン)は、従業員および業者のために安全・安心かつ健全な職場を推進し、環境を保護し、当社製品のプロダクトスチュワードシップ(製品監理)および安全性を維持し、事業を展開する地域社会において当社が大切な一員として認められ、お客様にとって大切なサプライヤーであり続けられるように、日々の業務を実施します。

当社は、健康・安全・環境・セキュリティ(HSE&S)実績が、成功の一番のカギになると考えています。当社は、以下の基本理念に基づき、HSE&S実績では業界のリーダーになるべく、日々努力を重ねています。

 

  • 当社は、法令を遵守し、礼儀正しく、倫理的行動を重んじます。常に誠実な行動を心がけており、お客様とサプライヤーにも同様に期待しています。
  • 従業員、業者、環境、および当社の施設が所在する地域の安全とセキュリティを確保するように現場とプロセスを設計し、運営します。
  • お客様とサプライヤーをサポートし、当社の製品および原料が安全・安心かつ環境に配慮した方法で取り扱われ、輸送され、処理されるようにします。
  • ステークホルダーに対しては、率直かつ誠実に、当社の製品および取り扱いに関する危険性やリスクについて伝え、HSE&Sおよび持続可能性の実績について進捗状況を定期的に報告します。
  • 製品ライフサイクルのあらゆる段階において、資源の持続可能な利用、排出量と環境負荷の低減、製品の安全性の向上を考慮し、良き企業市民としての活動に重点的に取り組みます。
  • レスポンシブル・ケアの指針を忠実に守り、実績を向上させるためにHSE&S管理システムを継続的に改善していきます。
  • 当社は、安全・誠実という当社の基本的価値観を示す目標および目的を設定します。

 

安全実績

当社は、事故やニアミスからの学習、将来的に事故を防ぐためのプロセスおよび保護措置の実施など、安全性を改善する努力を続けていきます。このように継続的に安全性に焦点を当てることにより、当社のHSES実績は、周知の業界ベンチマークと比較して、上位に入る結果となりました。今後も無事故の職場を実現するためのプロセスおよび手順を強化していきます。

当社は、すべての事故を監視し、追跡します。正当と考えられる場合は、是正措置とともに根本的原因の形式分析を実施することに加えて、報告すべきすべての事故および重大なニアミスについて、徹底的な見直しを行います。その後、教訓を生かした安全性レビューを全従業員に配布し、安全性に対する意識を喚起します。

 

また、当社は10個のHSES指針を含む「人命救助の原則」を実施します。本指針は、安全性に関する当社の基本的価値観を強化し、現場における日常的活動に対して特定の接点を提供するものです。「人命救助の原則」は各現場に掲示されており、当社の経営陣により直接サポートされています。

当社は、すべての現場において、従業員や職場環境の安全を守るべく業務が遂行されるよう努めています。リスク分析は、安全性や環境に関する事故を防ぐための重要な要素です。安全な操業を徹底するため、当社の全現場において、危険性、操作性の調査を定期的に実施します。オペレーターは、ライフクリティカルプロシージャ、認可プロセスおよびリスクアセスメントプロセスを用いて毎日作業現場をチェックし、同僚、業者および設備を管理し、潜在的な問題を生産管理部門に警告します。こうしたオペレーターのアセスメントが、リスクの軽減や管理のための基礎となっています。

 

環境への責務

当社は、操業の環境スチュワードシップを継続的に改善していくことに努めています。ここ数年間で、当社は環境負荷を大幅に低減しました。工場でのエネルギー使用量の削減、大気汚染の少ない燃料への切り替え、流出および漏れ防止の改善、廃水処理の強化等を行い、環境に対する影響を著しく低減してきました。

 

2014年から2016年の間には、操業に伴う温室効果ガスの排出量を22%削減することに成功しています。これは主に、ベルプレ工場の石炭焚きボイラーを天然ガス焚きボイラーに置き換え、また各工場では重油の代わりにバイオマスを多く使用することによって達成されました。

当社は、資源効率を高め、廃棄物の発生を最小限に抑えるというビジョンを掲げて取り組んでおり、特に漏れや流出の解消、燃料としての副産物の使用、品質の向上、生産の一貫性など、効果的な廃棄物削減プログラムを引き続き実施していきます。

レスポンシブル・ケア®

クレイトンは、米国化学工業協会(ACC)のメンバーであり、当社のCEOは、レスポンシブル・ケア世界憲章支持宣言書に署名しています。レスポンシブル・ケアは、化学ビジネスが安全・安心かつ持続可能に遂行されることを目的とした、化学業界の世界的な環境、健康、安全およびセキュリティのパフォーマンスイニシアチブです。当社はこのイニシアチブに賛同し、グローバルな事業が最高のHSES基準を満たすよう取り組んでいます。当社はステークホルダーとともに、また業界と連携して、様々な課題に取り組み、環境にポジティブな影響を与えるようなソリューションの開発に尽力しています。