Loading...

テクノロジー概要

クレイトンは、ポリマー(高分子)およびケミカル(化学)の2つの主要分野で事業を推進しています。当社のポリマー部門は、スチレンブロック共重合体(SBC)のパイオニアとして知られています。ケミカル部門は、粗トール油(CTO)や粗硫酸テレビン(CST)を、トール油脂肪酸(TOFA)、蒸留トール油(DTO)、トール油脂(TOR)などの生物由来化学品に精製するプロセスに関する先駆け的存在となっています。

Polymers

ポリマーテクノロジー

クレイトンのスチレンブロック共重合体(SBC)は、プラスチックのように加工でき、ゴムのような挙動を示す熱可塑性エラストマーです。これはブロック共重合体構造内の物理的架橋特性に起因するもので、加熱または溶解により、可逆的な加工が可能です。この特性により、加工が容易でありながら、ゴムの形状記憶機能を維持したり、弾性を高めたりすることが可能となります。材料を変形すると、その架橋構造によって元の形状に戻ろうとします。

Learn More
TOFA

ケミカルテクノロジー

クレイトンのCTOは、多くの製紙工場で行われている松材のパルプ化(クラフトプロセス)の副産物です。「トール」という言葉は、松を意味するスウェーデンの言葉(tall)に由来します。パルプ材はパルプ工場に納入され、チップ処理とアルカリ溶液による蒸解を経て、白液およびパルプへと変わります。次に、白液の水分が蒸発して黒液石鹸が回収され、酸性処理が行われてCTOが作られます。

Learn More